出会い系サイトや不倫SNSサイトで出会う

記事のイメージ

不倫は昔から存在します。
しかし昔の不倫と今の不倫とでは出会い方が大きく異なります。
昔の不倫は職場で上司の男性と若い女性社員が不倫関係に陥るというケースが多かったようです。
職場結婚も多いのですが、やはり毎日顔を合わせている男女ですから、そうゆう関係に持っていきやすいのかもしれませんし、また職場と家の往復の日常生活の中でそれ以外の相手との出会いは極端に少ない事が原因でしょう。
夫の不倫は職場の女性社員と、では、妻の不倫は誰とか・・・・というと、妻の場合はパートに出てパート先の社員の男性と・・・・というケースが多かったようです。

確かに職場やパート先で不倫となると身近な相手すぎて別れた後に気まずかったり、もし周囲にバレた時に不倫相手が誰かまで分かってしまうのでますます気まずかったりするのですが、最近は身近な相手ではなくバレにくい事を考慮した結果、出会い系サイトや不倫SNSサイトで出会うケースが増えています。
出会い系サイトや不倫SNSサイトなら最近不倫しているのかもしれない、でも相手が誰だ・・・となった時に足跡をたどる事が出来ませんよね。
相手が誰かまで分からなければ証拠不十分ですから、最近不倫しているでしょ・・・・と攻めるわけにはいきません。
つまりそのまま証拠がつかめないまま見逃してもらえるというわけです。

それに職場という身近な相手に不倫を誘うタイミングって難しくないですか?
相手も不倫をしたい、同じ気持ちでいてくれたらいいのですが、相手が不倫なんてとんでもないという考えの人だった場合、不倫に誘って断られてあなたの評判が地に落ちるなんて可能性もあります。
特に女性の噂話の流れる速度は速いですから、不倫をしたいと思っている最悪な上司として全女性社員から白い眼で見られてしまうかもしれません。
それだけは避けたいですよね。

不倫SNSサイトでよくあるトラブル

不倫SNSサイトを利用している妻

不倫の相談は不倫SNSサイトでしよう

記事のイメージ

例えば親しい友人や家族に不倫をしているという事は言えませんよね。
親しい間柄だからこそ相手も親身になって、不倫は止めろと説得してくるでしょうし、パートナーに不倫をしていた事実が伝わってしまう恐れもあります。

不倫は価値観の問題です。
不倫とは相手を家族を裏切る行為だ、絶対に許せないという人もいるでしょうし、息抜きが大切だ、不倫をしてストレスを発散出来るからこそ家族にも優しくなれる、不倫をする事で自分は家族関係を円満にする事が出来ているんだという人もいるでしょう。

不倫は絶対に理解出来ないという人に無理に理解してもらう必要はなく、不倫がOKだという相手と不倫をしていれば何も問題はないですよね。
不倫と一言でいっても、その関係は多用です。
お互いが既婚者のW不倫のケースもありますし、熟女が好きで年上の人妻と不倫する独身男性や、若い女性が好きで若い独身女性と不倫をする既婚者の男性などそれぞれのケースで付き合い方はお互いの立場も違いますから変わってくるはずです。

不倫をしている事を黙っている、だけど本当は話たい。
そんな時にも不倫SNSサイトにいって不倫のあれこれを相談する。
相談出来る仲間がいるという点も不倫SNSサイトのメリットではないでしょうか?不倫SNSサイトには不倫を理解出来ないという人が登録していない、不倫を認めてくれる理解者がいるサイトなのです。

不倫SNSサイトを利用している妻

記事のイメージ

男性は自分には浮気願望があるのに女性は浮気をしないものだ・・・・と思っている人が多いようです。
そのため妻は夫の不倫には気づきますが、夫は妻の浮気になかなか気づけないのです。
しかし、その気づけないが離婚にまで発展してしまうケースがあるのでご用心を。

夫の不倫の原因の大半は性欲です。
若い女性とセックスをしたいという願望を満たすためであり、別に妻と離婚をしたいと考えているわけではありません。
妻の方も浮気は男性の甲斐性と認めてはくれなくても、浮気は病気みたいなもんで仕方がないと気づいても諦めて黙認をしてくれているのかもしれません。

では妻の不倫の原因は・・・・というと夫の不満にあります。
夫が優しくしてくれない、話を聞いてくれない、女として扱ってくれない。
夫で満たされない何かを不倫SNSサイトを利用して他の男性で満たしてもらうわけです。
そして不倫相手の方が夫よりも全然いい。
夫と離婚して不倫相手と一緒になろうと思ってしまうのです。
もっとも不倫相手も同じように考えているかどうかは分かりません。
単純にセックス目当てだけど夫との違いは不倫なので釣った魚にも餌をあげるというところなのかもしれませんね。

定年退職して第二の人生は妻と仲良く旅行にでも・・・・・なんて男性が思っていても退職金を半分もらって、夫とは離婚すると妻の方は考えているかもしれませんよ。

不倫SNSサイトなどの履歴は小まめに消去しよう

記事のイメージ

不倫がバレてしまったら失うものも多いですよね。
不倫で楽しむのは個人の自由でしょう、しかし不倫がバレないように行動するのが最低限のルールなのではないでしょうか?
よく浮気は携帯電話の履歴からバレると言われています。
なのでほとんどの人が携帯電話には注意し不倫SNSサイトなどのアクセスの履歴や電話の履歴は小まめに消去したり、メールを削除したりするかもしれません。

しかし手帳に何か形跡を残してしまっていませんか?
6日の20時にどこどこホテルで待ち合わせ・・・・なんて記載していれば明らかに怪しいですよね。
またその日が遅くなる事の理由も用意しておかなければいけません。
残業で普段から遅くなっている人なら理由は必要ないかもしれませんが、普段は規則正しく同じ時間に帰ってくるのに毎週水曜日だけ不倫相手と会っているので遅くなるという場合は飲み会や送別会、同窓会など毎回違う理由で水曜日が遅くなるのはものすごく不自然です。
それなら、毎週水曜日は会社でミーティングがあるから今度から遅くなるから・・・・・とか理由を固定するといいでしょう。

そして嘘をついた時はその嘘を必ず覚えておく事が鉄則です。
嘘の辻褄が合わなくなって、この間と矛盾する事を言ってしまうとそこから嘘が発覚してしまいます。

出会い系サイトや不倫SNSサイトで出会う

不倫の相談は不倫SNSサイトでしよう

不倫SNSサイトでよくあるトラブル

記事のイメージ

不倫って一体何?まだまだ判っていない人たちって多いかもしれないですよね。
不倫って注意しなければならない点も多いようです。
そのあたりのことちょっとお話ししたいと思います。
トラブル回避は不倫SNSサイトを扱う人たちの条件と言いたいでするね。

不倫とは自分さへ良ければいいという問題ではありません。
不倫とは非常にバランスをも大事に考えなければならないものです。
まず、一方が滅茶苦茶相手を好きになってしまったというのでは、救われないですね。
決していい不倫関係とは言えないでしょう。
段々と女性がそんな気持ちになったら、男性に家族があることに対して嫌気さしてしまう可能性もあります。
いい不倫の関係なんて維持出来ないでしょうね。

そして、女性は男性に別れることを強要するかもしれないですよ。
バラしてはいけないものをバラすと脅迫するかもしれません。
つまり、もう既に不倫がドロドロ劇ではありませんか。
こういう方向へついつい発展してしまうのも不倫なのです。

そして、不倫する人たちのタイプって、既にパートナーがいるにも関わらず、恋人を作ろうと考えている願望の持ち主ではありませんか。
非常に欲情の強い人なのかもしれません。そこで不倫がうまく行っているように見えても表だけの問題かもしれません。
不倫相手が一人でない可能性だってありますよ。

不倫にも不倫のルールがあります。
家庭の妻や夫の存在を許すことが出来てもなかなか複数の不倫相手を許すことが出来ないものなのです。

です

100人に同じメッセージを送信してみたところ、数だけではだめなのです。 それで、運良く返事が返ってくれば、 プロフィールに嘘を書いても、売春できるサイトであることを前面にアピールしている場合があります。 自分のことを知っ・・・

処罰を受けることになります

意外にもバレバレだったりしますよ。アポを取って…です。お金を払いたくないという人も 多い事でしょう。よく考えてみると、当然ですが返信してくれるかしてくれないか、また新しくサイトを選ぶようにしましょう。常に周りに男性がいる・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ